読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

楽することを覚える

楽して儲けることは正しい 例えば、8時間で割り振られた仕事を2時間で終わらせる手法を実践した場合、残りの時間は仕事を追加するべきなのでしょうか。私はそうは思えません。そんなことをしてしまうと、よりよく実践する意欲を奪ってしまいます。人を雇う組…

フリーランスになったら用意するもの

フリーランスになったら用意しておけば良いもの 私がフリーランスを始めてから用意したもので、最優先で揃えるべきものを思い返してみました。

お金の有効な使い方

フリーランスを続ける上でお金を有効に使用する方法 当然ながら、フリーランスとなりサラリーマン時代よりも収入が多少増えたからと言って無限にお金が使えるものではありません。限りある軍資金は、可能な限りに有効利用したいものです。自分の生活を振り返…

飲み会の功罪

飲み会の功罪を考えてみる サラリーマンにせよフリーランスにせよ飲み会に参加することは多いと思います。ただ、私の場合はサラリーマン時代は飲み会は嫌いでしたが、フリーランスになってからはそう嫌なものではなくなりました。

迷ったとき

必ず迷いは発生する フリーランスとして働き始めると、最初は新しい環境になるため勢いだけで走り抜くことができます。しかし、ある程度の期間が経ち、フリーランスという立場を見つめ直すと「本当にこのままで良いのか」といった悩みが発生します。そして、…

フリーランスになるべき人・なるべきでない人

フリーランスになるべき人・なるべきでない人 実のところ、私は他の人がフリーランスになるかどうかを迷っている場合は、現状維持に務めるべきだと考えています。大抵はフリーランスになって失敗するよりも、まだ良い状態だからです。そのうえで、フリーラン…

フリーランスの節約術2

地道な節約・節税 フリーランスをしていると、少しでも儲けを増やすためにできるだけ税金を支払わないようにしたいという願望が目覚めます。私はフリーランスになった瞬間に「節税」の暗黒面たる「脱税」に取り込まれかけました。結局は後々面倒になりそうな…

フリーランスの節約術1

クレジットカードはお金を生み出す魔法のカードです 無駄遣いはしてはいけません。 サラリーマンだろうとフリーランスだろうと変わらないことです。しかし、お金を使うのであれば、使用した金額に対して利益を最大化することを考える必要がありますクレジッ…

フリーランス4コマ劇場1(続かない)

フリーランスになって得たもの Twitterで先に出しましたが、ブログに貼るとどうなるのか確認してみたく、こちらにも貼り付けます。

フリーランスとしての新しい選択肢

フリーランスになれる職種は年々増え続けている フリーランスという言葉のイメージから、IT系やクリエイター関連を考える人が大多数だと思われます。しかし、今の時代は何処の企業でも人材の確保が難しくなっているため、文系の職業と言われている総合職であ…

学歴の必要性

フリーランスになってしまえば職歴のほうが大事 まず、私は専門学校卒です。その専門学校は簿記やら法律関連の学校です。そして、今の私はフリーランスのプログラマーです。ぶっちゃけ、フリーランスをやっていく上で学歴自体を気にすることはありません。し…

ナンバーワンもオンリーワンも目指さない

目標は高すぎない方が良い ナンバーワンになれないならオンリーワンになれば良い、ということが一昔前に流行りましたが、それはとても難しいことです。サラリーマンとしても、フリーランスにしても、それを目標にすると行き詰まってしまいます。そこで、私な…

筋肉を信じろ

筋肉は裏切らない 人は裏切ります。お金もいつの間にか去っていきます。最後に残るのは己の体のみとなりますが、思考はしばしば意思を裏切ります。真に最後に残るのは、筋肉です。

お金は大事

命ほどではないけれどお金も大切 お金はとても大事です。命は当然ですが、生命線を維持するためにお金、特に現金は大事です。フリーランスを始めてから、金銭に関する意識が強くなりました。衣服の購入は殆ど無いですし、電化製品も最小限です。食べるものの…

後悔はしていない

それでもやってみて良かったことが多い 1.結局、フリーランスってどうなのか フリーランサーになってみてからそのメリット・デメリットを実感をして、サラリーマンの方が良かったのかもしれない、と思うことは幾度かありました。やはり、フリーランスとなっ…

フリーランスになってみて

現実はやはり甘くはない 1.収入は増えたが… 私はフリーランスプログラマーとして働いていますが、収入はサラリーマン時代と比べてかなり増えています。手取り収入が増えたおかげで勉強用の本も躊躇なく買えるようになりました。仕事を選ぶこともできるように…

フリーランスで働くことのデメリット3

ローンを組めない 1.住宅ローン等が組めない サラリーマンであれば、年収さえあれば金融機関のローンの稟議がおります。しかし、フリーランサーの場合はよほど安定して稼ぎを出していないと申込みの対象にすらならないことがあります。顕著なのは不動産関連…

フリーランスで働くことのデメリット2

確定申告が必要になる 1.フリーランサーの場合、青色申告+複式簿記を行わないといけない サラリーマンで確定申告をわざわざ行う人はそう多くないはずです。しかし、フリーランサーとなった場合は確定申告を毎年、必ず行わなければなりません。そして、確定…

フリーランスで働くことのデメリット1

安定した収入を得るためには営業能力が必要になる 1.仕事を与えてくれる人はいない フリーランスとなる場合、最初の関門となるのが収入源の確保です。WEBライターになるのであればブログを立ち上げるなり、知人・コネを駆使して仕事を見つける必要があります…

フリーランスになるには

そもそもフリーランスになるには何をすればよいか 1.身辺整理をしよう あなたが今、サラリーマンを辞めてフリーランスの道へとすでに向かおうとしているのであれば、あとはきれいに退職してください。業務の引き継ぎ、取引先への挨拶、社内でお世話になった…

フリーランスで働くことのメリット3

その名の通り基本的には自由 1.サラリーマンの場合、仕事を断れない サラリーマンの場合、無理な仕事を押し付けられることがあります。無理だと主張してもはぐらかされたり、駄目なところまで先延ばしになって、結局無理でグダグダになったなどという経験を…

フリーランスで働くことのメリット2

サラリーマンと同じ仕事を行った場合、収入が増える 1.サラリーマンの場合、事業経費が引かれた金額が給与となる 同じ仕事内容をフリーランサーとサラリーマンが行った場合、基本的にはフリーランサーの手取り金額が大幅に上回ります。これは、組織を運営し…

フリーランスで働くことのメリット1

フリーランスで働くことの大きなメリットは、自分の仕事の価格・収入を自分で設定できることにあります 1.サラリーマンの場合、自分の給与を決められない まず、サラリーマンとして働いている場合、給与が大きく変化することが基本的にはありません。昇進や…

フリーランスとは

フリーランスとは そもそも、フリーランスというのは何かというと、端的には自営業者です。Wikipedia先生によると フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事…

フリーランスになった理由

フリーランスになった理由 耐えられなくなった 私が以前勤務していたのは、中堅どころのシステム会社です。体育会系気質で、残業代の未払いは当たり前、コンプライアンスなどなく、約束という単語すら別の意味に置き換えられている、よくブラック企業という…