Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

フリーランス-お金

%の世界へようこそ

投資する際の次のステージへ向かうために 投資をしていて、ある程度の金額に達した際に考え方が変わる瞬間があります。 おそらく、そこが初級者から中級者に踏み込むためのターニングポイントだと考えています。 この気付きは早ければ早いほど良いと思うので…

早すぎた到着

いくらなんでも早すぎる おとついようやく住民税の支払い通知が来たと思ったら、間をおかず奴が来ました。 そう、健康保険です。 冗談抜きできつい金額が必要になります。 住民税やら健康保険やらを合わせると軽く2ヶ月分の生活費が吹っ飛びます。 先月だっ…

求めていたものが届いた 胸と財布が裂けるようだ

必要だけど届いても嬉しくない郵便物 この時期になると、とっととほしいけれど届いても全く嬉しさがない郵便物がいくつも届きます。 そう、住民税の納付書と固定資産税です。

家計簿をつけることにどれだけ効果があるのだろうか(家計簿シリーズ1)

無駄遣いしていないなら別に家計簿をつける必要はない もともと無駄遣いを意識して避ける習慣があるのであれば、家計簿をつける必要性は基本的にありません。 無駄遣いをしていないのであれば、家計簿をつける時間こそが無駄であり、そんなことにわざわざ時…

1000万円溜まったらなにかが変わるのか

結論から言うと私の場合は何も変わらなかった 確か、28歳のときの6月末辺りで総資産が1000万円を超えていたと記憶しています。 手取りが非常に安かったので、投資などの利益によるものも大きいのですが、そのときに達成感等は殆どありませんでした。 多分、3…

ネタがないので胃が痛くなる画像でも貼っておく

こいつを見てくれ、こいつをどう思う? (家計が)すごくまっかです。 私の家計簿のグラフです。 これがフリーランスの現実か!?

なぜ貧乏になることはこんなにも恐ろしいのだろうか

貧乏になることは怖い 当たり前のことでしょうが、貧乏な生活というのは辛いものです。 ですが、いままでの生活を振り返ってみると、私自身がそこまでの極貧に陥ったことは無いです。 ひと月の食費が1万円を切るように対応をしていた時期もありましたが、そ…

不労所得だけで生活出来るようになるにはどれだけの資産が必要なのだろうか

不労所得を多くしたい 別に働きたくない、というわけではないのですが、ある程度の副収入があることで生活に余裕ができます。 副収入といっても、労働の対価によるものではありません。 できるだけ自分で手を加えずに、放置しておけばある程度の収益が得られ…

フリーランスが語る投資シリーズ 番外編 禁止ワード

個人投資家に聞いてはいけない言葉がある 投資シリーズを書き始めたのですが、いきなり番外編です。 正直なところ、第1回で割安株を買うことと、参考にした書籍2冊(個人的な教科書)を紹介したので、あまり書けることがないです。 早くもネタ切れ気味です。

フリーランスが語る投資シリーズ 第1回 株式投資編

一番楽なのは現物株式だと思う 異論はもちろん認めるのですが、素人が手を出す上で一番楽なのは日本の株式投資なのではないかと感じています。 不動産投資は敷居が高い、債権は手元に戻すのに時間が掛かる、投資信託はノーロード以外は手数料が高いなど、他…

1000万円を貯めるために私がしたことと言えば…

習慣化がすべてのカギを握る 私はサラリーマン時代に一応1000万円までは貯めています。 かなりの安月給だったので、結構な無茶をしたつもりなのですが、改めてそのやり方を考えてみると、それほど無理はしていなかった様に思えます。 その時取っていたやり方…

督促状が来た

確定申告後に納税をしていなかった 別に払う気がなかったわけではなく、確定申告の「申告」まではe-Taxソフトで2/19に終わらせていました。 いつでも支払えるように準備はしていたのですが、納付は他の税金と同じく納付書が届くものだとばかり思っていたため…

無駄なお金の使い方

お金の使い方は3パターンある お金の使い方は3パターンに大別できます。「投資」「消費」「浪費」の3パターンです。 投資とは 現状から未来をより良くする行動を表します。仕事や自己啓発に関連する本を購入したり、セミナーへの参加などの現状ではすぐに役…

お金の有効な使い方

フリーランスを続ける上でお金を有効に使用する方法 当然ながら、フリーランスとなりサラリーマン時代よりも収入が多少増えたからと言って無限にお金が使えるものではありません。限りある軍資金は、可能な限りに有効利用したいものです。自分の生活を振り返…

スポンサーリンク