読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

石の上にも三年


スポンサーリンク


危険ワード:石の上にも三年

f:id:thumbs_up_work:20170402142900j:plain

仕事をしていると、3年は我慢しろと言われることがあります。

この言葉は「石の上にも三年」のことわざから来るものですが、この言葉を安易に言う相手を信用することは危険です。

 

 

そもそも、なぜ3年

 私に対してこの言葉を言った人間に、3年の確かな根拠を持つ人はいませんでした。

 ただ、都合良く使いたいからとりあえずそれっぽいことを言うだけです。

 

 3年というのは決して短い期間ではありません。

 それなりの根拠があり、その間で使い物になるようにキャリアを積める見込みがあればよいのですが、そうでなければ3年もの期間を無駄にしかねません。

 

 3ヶ月あれば十分

 自分が所属する組織がブラック企業であるかどうかを判断するには3ヶ月もあれば十分であると「私」は考えます。

 四半期の期間があれば

  •  組織の将来に対する経営方針
  •  現状で健全な経営を行っているか
  •  新参者に対する教育態度や教育方針
  •  自身が所属するグループの人間関係

 などが見えてきます。

 この時点で、何らかの不満を抱くというのは健全です。

 その不満を解消することを今後の目標としていけば、自身と組織にとって、どちらにも良い結果になりうるでしょう。

 そうなれると感じられる組織であれば、おそらくは三年以上所属しても別段問題は発生しないと考えられます。

 

ただ、その不満が「不信」の域に達しているのであれば注意が必要です。

懲罰的な人事で人が去っていった、取引先への支払いが遅れている、体罰を奨励する上司がいるなど、明らかなマイナス面が矯正される見込みさえないのであれば、処世を考えなければいけません。

 

問題のある人には関わらないようにするか、逆に問題のある部分に踏み込んで、敢えて問題のある人に取り込んでもらい、自分の身は可能な限り守ると行った方法もあるかもしれません。

そのようにすれば3年は持つかもしれませんが、おそらく心は荒みます

 

私の考える対抗策

3ヶ月働いた状態の人間に辞めてしまえなどという無責任なことを言えません。

職歴が短いと、所属していた企業側に問題があっても、人間性を疑われる時代です。

 

ただ、外部とのコミュニティを広げていくように意識するべきです。

昔の友人と連絡を取り、何か良い組織を知らないか情報交換を行うなど、積極的に行っていくべきです。

リクルート等の転職支援エージェントであれば、この頃のブラック企業問題も嫌というほど把握しているので、適切なアドバイスをいただけるでしょう。

 

敢えて違う業種の人達と関わってみて、それらのコネで次の働き先を見つける事ができるかもしれません。

先に人格を理解してもらえて、その上で雇ってもらえるという可能性もあるので、使って問題のないコネがあるなら、大いに利用しましょう。

もちろん、そのコネを使う際は、コネのもとになる人に名前を使う使用許可を取ってください。

 

また、自衛隊などの比較的入りやすい国家組織の担当者の方と話をしてみることも有意義な時間となるかもしれません。

実は、私は結構本気で自衛官をやりたいと思っていたのですが、出張続きでまともに試験を受けられずに、年齢制限に引っかかるようになったため諦めました。

イベントでイージス艦に乗ってみたりと本気で入りたいとは思っていたのですが。

 

若さは取り戻せない財産

「若さ」というのは、失ったら取り戻せないものです。

歳を取るとあらゆるものが衰え始めます。

体力・気力・意欲といった物が残酷に削られていきます。

ブラック企業から逃げるのであれば、できるだけ早く、いろいろなものを失わないための行動を行ってください。

 

まとめ

根拠のある「石の上にも三年」であればなんの憂いもないです。

そりゃあ、多少の不満はあるでしょうが、それを改善していくことが課題となります。

この場合は、3年後には素晴らしい成長を遂げているでしょう。

 

しかし、3ヶ月見た程度で不満どころか不信を得てしまうような状況であれば、その組織のマイナス面に適応するか、外部に活路を求める必要があります。

外部のコミュニティに積極的に参加し、少しでも改善するための準備を行いましょう。

リクルートサービス側の視点も近年は変わりつつあるようにみえるので、早期退職者でもそこまでひどいことにはならないと考えます。

 

 

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

 

 

 

個人的には自衛隊はおすすめです。

※政府の回し者ではありません

これも人によるので必ず良いとはいえませんが、衣食住は保証されること、数年の業務後に退職金がしっかり出ること、その後の就職のサポートをしてもらえることから案外悪い選択ではないと思っております。

ある意味公務員にコネができるのも大きいです。

 

 

自衛隊入隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫)

自衛隊入隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫)

 

 

スポンサーリンク