Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

都会で生活するメリット


スポンサーリンク


都会で生活していて感じるメリットを再確認する

 

f:id:thumbs_up_work:20170402155506j:plain

 私がフリーランスとして活動を決めたのは都市部です。

 都市部で活動することを決めた理由は仕事を見つけやすいということですが、地方で生活することに比べての利点がよりはっきりしてきたので、それを記載します。

 

 買い物・飲食できる場所が多い

 何か必要な物やほしいものがある場合、すぐに手に入れられるくらいに店舗が多いということがメリットです。

 駅前に出れば飲食店やスーパーはすぐに見つかります。

何らかのサービスを受けたいと思った際に、それを提供してくれる先がすぐに見つかること、見つかった後に比較することができます。

日々の買い物に費やす時間を減らすことにつながります。

 

地方の場合は近くに店がそれほどなく、遠くのショッピングモールに車で1時間かけるなどは普通のことですし、そもそもそのショッピングモールにさえほしいと思ったものがなかった、ということも珍しいことではありません。

サービスを提供する店がない、あっても1店舗のみだったり、質が求めるものに届かないといったことがよくあります。

 

移動手段が豊富

車移動以外の手段が豊富なことは、地方に比べると大きなメリットとなります。

地方では電車やバスは1時間に1本しかないということが多々あるので、移動手段を公共交通機関に頼れる都市部は大きなメリットとなります。

 

仕事を見つけやすい

まず、地方に比べると単純に求人数が多いため、求職活動が楽になります

大手のリクルート会社の本拠地・支社があり、サポートを受けやすいことも転職時には有利となります。

IT関連のフリーランスのエージェント会社も非常に多いので、フリーランス活動がやりやすいです。

 

また、地方に比べて高い質の仕事を求めることができ、それに見合う金額の支払いを行ってくれる先が多いです。

特にIT業界では地方に比べて技術の取り入れが早いので、能力を高めたい場合や最新技術に触れたい場合は都会側が大きく有利となります。

 

全般的に物価は安い

都会に住む人には意外かもしれませんが、普通に生活する分においては住居費用を除く費用は地方の方が高くなります

食品や衣料品は都会のほうが手に入れやすく、安価となります。

その地方に特定した物品は安く手に入るのかもしれませんが、都市・地方どちらでも手に入る流通品は都市部のほうが安く手に入れる機会が多いです。

 

住居に関しても、都市ガスに比べてプロパンガスは高かったり、融雪の対応が要るなどで何かと費用がかかってしまいます。

多人数が一箇所で生活している分にはそれほど目立たなかったコストが、核家族化により表面化しています。

 

地方の生活費用と時間的な拘束は多い

都会部に比べると、地方はたしかに家賃は安いです。

しかし、食費などはそう大差ありません。

私の済んでいた地方と現住居(23区内)周辺のスーパーを比べても、地方の方が全般的に高いのです。

特に、嗜好品(酒類など)は顕著です。

例えば、ビールであれば、都内のスーパーで190円前後の品が、地方では210円前後になります。

タバコ等の定価でしか売っていないものであれば問題はないのですが、値下げできる嗜好品については、運輸コスト・消費量の点からして、都会側が安価になります。

 

また、地方では移動に車が必須になります。

ちょっと出かける際、買い物することにさえ車が必要です。

移動時間分の拘束が発生します。

 

車の維持費には、個人差はありますが年20万円は見なければいけません。

それも、一家族で一台とは限りません。

最低限、一家で働ける人数分の台数と駐車スペースが必要になります。

 

私生活では、飲酒後に移動手段がなくなります。

飲酒運転をしないためには、代行やタクシーなどのコストが加算されます。

仕事においては、極度の疲労時にも移動手段が車になるという危険があります。

 

まとめ

住居問題さえなんとかできるのであれば、一人暮らしの場合は地方より都市部の方が楽です。

食料品等の物価もそう高くなく、嗜好品類が安価で手に入るという利点があります。

利用したいと思えるサービス(理髪店や名刺作成の依頼など)を見つけやすく、その中から選ぶこともできます。

仕事も求人数が多いので見つけやすく、特にIT業界の場合は新しい技術に関われる機会に触れられる機会が大幅に増えるので、仕事を探すのであれば、都市を選ぶことが無難だと考えます。

 

追記

フリーランスのITエンジニアをするのであれば、地方で仕事を見つけること自体が困難となります。

それは、優良な「IT関連のフリーランスのエージェント会社」が地方に対応していないことが多いからです。

私がおすすめする「レバテック フリーランス」も東京圏内、最近に大阪も対応となっています。

IT関連のフリーランスとして起業・開業するのであれば、都市部のほうが確実に有利です。

 

 

 

中の島ブルース/東京砂漠

中の島ブルース/東京砂漠

  • アーティスト: 前川清,斎藤保,吉田旺,森岡賢一郎,竜崎孝路
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

スポンサーリンク