読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

フリーランス的健康維持方法 胃腸編


スポンサーリンク


健康維持のために

 フリーランスをしていく上で、体調管理を行うことは大切です。

私が行っている健康維持法(胃腸編)をご紹介します。

別に酔っ払っていたときではありませんが、体調を崩すと階段でコケたりと色々と大変なことになる(実体験)ので、みなさんも気をつけましょう。

f:id:thumbs_up_work:20170407200128j:plain

 胃腸対策

胃腸器について、改善策を伝える前に知っておくべきことがあります。


私の体験でしかないのですが、胃腸の調子を改善すると、一時的に体重は増えます

太りやすくなったというよりも、栄養効率が良くなって今まで吸収されていなかった栄養分が、正しく利用されるようになったからではないかと私は思います。

短期的に体重が増えますが、そのうち安定します。

 

対応策1:エビオス錠などのビール酵母を摂取する

 

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】

 

 

胃腸薬のコーナーに売られていますが、健康補助的に飲むことができます。

飲み続けると目に見えて体調が良くなります。

下手な健康食品よりも効果を得られます。

むしろ、短期的にはあまり効果を感じられないので、日々の健康維持に飲み続けたほうが良いかもしれません

また、男性には(多分)嬉しい副作用があります。ナニがとは言いませんが、出るものが明らかに増えます。亜鉛の摂取が増えたからでしょう。

 

以前いた職場でも愛用している人がいたので、効果を感じているのは自分だけではないでしょう。職場に2000錠の瓶があると邪魔でしたが。

 

我が家にも常に2000錠の瓶がおいてありますが、なれるまでは独特の風味が駄目な人もいると思われるので、薬局においてある小さめの瓶から試すことをおすすめします。

また、地味に1回10錠かつ、1日の目安量30錠を飲むのはきついので、スーパービール酵母Zなどで代用すると良いかもしれません。

 

注意点として、これは痛風の人が行ってはいけません。

ビール酵母にはプリン体が含まれているため、痛風の悪化につながります。

 

対応策2:飲む前に飲む

お酒を適度に飲むということ自体は全く問題がないのですが、つい飲みすぎてしまう方は以下のことを意識しておけば良いでしょう。

ウコン系のドリンクを先に飲む

ウコンはアルコールの分解を早める作用があります。

ある程度酔いを軽くすることができますが、分解を早めるだけなので、二日酔いになった後に効果は見込めません。

ソルマック胃腸駅や液体キャベジンを飲んでおく

これは酔った後に飲んでもいいですし、飲む前に飲んでしまっても効果があります。

最近は先飲みタイプのものも売られていますので、そちらを選んでもいいでしょう。

 

効能に「二日酔」の記載があるハイチオールC+を飲む

二日酔いになった後の対応になりますが、ハイチオールC+を飲むことで、多少の緩和が見込めます。

 

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠

 

 

なぜ、この商品に二日酔いに有効な効果があるのか、よくわかりません。普通のハイチオールには効果が記載されていません。

ビタミンCが多いからなのでしょうか。

 

便秘対策

下痢は嫌だけれど、便秘になるとそれはそれで嫌なものです。
割りと簡単な対処方法があったのでご紹介します。

 

ゼリー系飲料を飲む

ゼリー系の飲料を飲むことが便秘対策になります。

これは単純に消化吸収が早いため、出やすくなります。

水分も多いので、割りと快便になります。

不足しがちなビタミンも補えます。

最近は100円未満で買えるゼリー飲料も増えているので、まとめて買っておくといいでしょう。

日持ちしますし、朝食の代わりにもできます。

※ただし、通勤時間が長い場合は気をつけましょう。途中の駅で降りるか迷うことになるかもしれません。

 

まとめ

胃痛や腹痛は、地味な痛みなのでさほど慌てることはないかもしれませんが、体調が悪化すると真っ先に酷くなります。

急に胃が痛くなって声も出せなくなったり、いきなり腹部に激痛が走って倒れそうになったりと、洒落にならない自体になりかねません。

普段からの対策を心がけたほうが良いです。

 

余談

IT業界でフリーランスをやっていると、胃薬は経費にできるんじゃないかと思います

それくらいに胃が痛くなることは多いので、本当に普段から気を向けておきましょう。

スポンサーリンク