読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thumbs up!

勢いでフリーランスになったので、思いのままに記録を残します

MENU

資金管理に失敗した馬鹿がいるらしい


スポンサーリンク


あろうことにその馬鹿が私だった

f:id:thumbs_up_work:20170511013111j:plain

普段なら4ヶ月分の生活費を貯めている私ですが、今月に限り超絶なまでの危険水準まで資金がつきています。

別に投資で損をこいたわけでもないのに、勝手に生活苦になっています。

笑い話と、自分への戒めとして記事にします。

 

 

 

借金返済に全力を出しすぎた

そもそものことの発端は、3月、不動産投資のローン完済を行いました。

それ自体は別にいいことなのですが、そのために1年足らずで800万円ほどの現金を一気に用意して返してしまいました。

この金額は、さすがに 少なくないダメージとなりました。

後日、不動産投資に関しての記事を書くつもりですが、実感したデメリットと発生した手数料に関して詳細を書こうと思います。

 

それでも、このときはまだそれなりの資金を残していたはずなのです。

多分、100万円は残していたはずなのです。

ここからが馬鹿な話

3月、体調がまずい状態だったので思い切ってひと月さぼったのですが、3月に仕事をしないと言うことは、当然その分収入がないということです。

ついでに、大学の学費も払いました。

そのことを計算に入れず、4月は生活していました。(この時点で残約70万円)

そして、毎年の恒例で投資を行いました。

ちょうど長期投資用の銘柄がいい感じの価格帯に来ていたので、いつも通り適当に買い注文を出していました。

この時点で口座の残額は約20万円。

余剰資金で投資するつもりが、生活資金を使用して投資をしていたことになります。

はい、馬鹿は私です。私が馬鹿です。

申し開きのないまでの馬鹿な失敗をしていました。

5月27日は乗り越えられるのだろうか

27日というのは、私にとって毎月激闘を繰り広げる日です。

なにせ、クレジットカードの引き落とし、家賃の引き落としその他もろもろの費用が一気に消費されるので、資金管理に失敗するといろいろと困ったことになります。

そして今月の27日は、死闘となります。

生活資金用の口座を安全領域である30万円以上まで戻さなければなりません。

事業用口座、投資用口座などから振り替えてこちらはなんとかしておく必要があります。

生活費はチャージ済みの電子マネーで補い、次の収入がある月末まで持ちこたえるように計画を建てなければなりません。

今月は臨時の現金出費があると本気でまずいので、トラブルは避けたいです。

※特に、飲み歩くようなことは絶対に止めないといけません。

本当に、どうしてこうなった。

まとめ

資金管理は将来を見据えて、無理がない様に投資しないといけません。

でないと、今の私のようになります。

イコール、馬鹿になります。

ご注意を。

余談

人は失敗から学ぶものなのです。

多分。

スポンサーリンク